愛情たっぷりの手作りご飯|愛犬も大満足の出来栄え

ドッグ

犬を飼う時に気をつける事

犬と女性

メリハリをつける事が大切

人間にとって最良のパートナー、それが犬です。忠実で賢いため、しつけをすればきちんと主従関係を理解してくれます。犬を飼う事で感情や愛情を身につける事ができるため、小さいお子さんがいる家庭で子犬を飼い始める人も少なくありません。お子さんがけがをしない為にも、犬のしつけはしっかりするようにしましょう。子犬を迎えたら思い切り撫でたり、甘やかしたくなるものです。しかし、子犬は初めての環境に戸惑い、大きなストレスを感じています。ストレスを和らげてあげないと犬のしつけがうまくいかなかったり、噛みついたり無駄吠えが多くなってしまいます。特に小さい子供に追いかけられると、犬は大きなストレスを感じてしまいます。まずは大人が犬のしつけをして、しつけができてから子供に触らせるようにしましょう。子犬を迎えたら、まずはゲージの中でトイレのしつけを行います。犬は尿意を感じたらウロウロと歩き回ります。そういった行動をとりはじめたら、子犬をシートに誘導し「ここだよ」と教えてあげてください。上手にトイレができたら沢山褒めてあげましょう。褒められる事で「この人に喜んでもらいたい」と犬は感じて、言う事を聞いてくれるようになります。しかし、褒めてばかりでは犬に良い事と悪い事の区別がつかなくなってしまいます。悪い事をした時は、低い声で「ダメ」と言い放つようにしてください。声を荒げるのが苦手な人はテーブルをバンと叩くのも効果的です。そして悪い事をやめた後は、高い声で思い切り犬をほめてあげましょう。犬のしつけにはそういったメリハリが必要不可欠です。